はじめましての記事①

はじめまして、すずなごんと申します。
麻呂を描くイラストレーター=麻呂ストレーターとして、和歌や日本の雅やかな文化の素敵なところをさがして、みなさまにお伝えするのが夢です。

はじめましての記事では、2回に分けて「これまでのこと」「これからのこと」をお話ししていきたいと思います。

これまでのこと

ざっくりとこれまでの生い立ちをみじかめに記します(詳しくは、プロフィーをご覧くださいね)。

高校まで
歴史や古典が大好き!日本の豊かな歴史コンテンツを糧に、立派な歴女へ。いろいろハマったけどどうしても平安・鎌倉ごろが捨ておけぬ。

大学
鎌倉幕府の将軍&歌人の源実朝公の沼(超深い)に落ちる。麻呂を描いたり、中世史や和歌の講義で心うるおう毎日。鎌倉に足繁く通う。鎌倉市役所落ちたけど他のアプローチ(絵とか)でI’ll be backを誓う。

絵の専門学校
麻呂の絵をきわめたくて専門学校へ行くが、なんやかやでスランプへ。迷子になり、いろいろ壊して、三年かけて麻呂ワールドへ帰還。麻呂がいる世界観作りを頑張る。これだ!という画風は見つけたが、まだまだ何かが足りないなぁ。というところでタイムアップ(卒業)。

社会人
馴れない社会生活で体調を崩したりしつつ、毎日ちょっとずつ描き、麻呂の絵本を制作。夢枕に実朝公が立ち(嘘)、和歌や詩、ことばの世界へ。知れば知るほど、和歌ってすごい!私の絵に何か足りなかった部分ってこれかも……?

そして会社をやめました

ある日きらっと光った水面に吸い寄せられて、水中へともぐっていくうちに、深海に大きな穴を発見。そこは古代から近代にかけて、昔の人たちが使っていた洞窟で、お宝がいっぱいありそうな予感。

その穴に本格的にもぐりたいと思いました。もう息継ぎとかしない。酸素ボンベを背負って深く深くもぐろう。すいません、ダイビングのことよく知らないのにこんな例えで。

かくして(?)今、この「やまとうたダイビング」に集中するぜ!というところです。

とりあえず、断捨離をしよう

会社を辞めて、改めて自分の部屋を見渡したら、物が多すぎるとは常日頃思っていましたけど、自分が本当にいろいろと溜め込んできたことを知りました。

退職する前の数ヶ月間は、いろいろといっぱいいっぱいでした。心をなくし、体は疲れ、欲しいものを衝動買いし、それをろくに使いもせず、部屋の瓦礫の中で漫然とスマホをいじる。何かしたいけど、できない自分がいる。できるはず、やろう、いや、今週もできなかった。

そんなもどかしい気持ちも、もやもやも、将来への不安も、塵といっしょに部屋につもっていきました。当然、大好きな歴史や和歌に関する大事な本たちも、かわいい麻呂の人形も、「やまとうたダイビング」も、その中にすっかり埋もれていました。

だからまずは心と部屋を断捨離して、からっぽにしたいと思いました。大事なものに集中するために。

それどころじゃなかった

そんな折、例の元号発表がありました。
「令和」
とっても素敵な元号です。

素敵すぎて焦りました。

なにしろ、この元号の典拠となった『万葉集』は「やまとうたダイビング」における海底洞窟の奥の奥の方に鎮座する幻の神殿クラスの存在なのです(実朝公はその神殿の常連)。

私は、この洞窟にあるお宝は、これからの日本、ひいては世界にきっと必要な宝物なのだろうと感じていました。具体的なことはまだわからないし、自分がどんなふうに進んでいけばいいかもまだわからないけれど。

そう思っていた矢先のあんな素敵な元号だったんです。我が国史上初めての、和歌から生まれた元号。やばいやばい。こうしちゃいられねぇ!

会社をやめてせっかく時間ができたにも関わらず、本題の「やまとうたダイビング」になかなか手をつけずに断捨離に没頭していたのは、逃げだったのかもしれません。いざ本当にやりたいことをやれる時がきたら、逃げ腰に……なんてこったい……。

あ、でもね?まだまだブログもできてないし。文章も慣れてないし、和歌の絵だって今ちょっとスランプでさぁ。いやぁ、まずは部屋の作業スペース広げないとね。じゃあやっぱり断捨離優先!……そんな私に、あのカッコイイ元号は凛とした声で言い放ったのです。

「いいから、今できることをさっさとやれ!」と。

ちゃんと潜って、いろいろ探検して、見てきたものを表現する。まだやり方は決まってないけど、思いつくやり方で、今できるやり方で。それがたぶん、今自分がやるべきことです。(あ、断捨離とか、その他もろもろ……もちゃんとやりますよ!)

そんなこんなで、そのあともブログのデザインの方に時間をかけてしまって、あいかわらずなかなか本題に入れない私ですが、やっとなんとか、最初の記事を書けました。

次の記事では、これからこのブログで私がやりたいと思っていることをお話ししたいと思います。

まろ君
いつまで「ダイビング」の話ひっぱるんですかね(やったことないのに)
すずなごん
たぶんこの記事だけです。これから、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です