toggle
2018-09-03

春庭さん

もともと名刺用に描いた絵。「春庭楽」という舞楽を舞っているので「はるにわさん」。

冠についている桜の枝がキュートです。麻呂が冠などに挿している花を「挿頭(かざし)」と言います。現代において、偉い人が式典などで頭に花を挿していたらちょっとした問題になってしまうでしょうが、もともとは生命力を身につけるためのものだそうですよ。

公で老若男女が頭に草花をつけるなんて、とても素敵な文化だと思うし可愛いのでぜひ復活してほしいものです。

(2017年6月頃制作)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です