白鳥は哀しからずや

白鳥は 哀しからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ
若山牧水

きっと誰もがいつか考えたことがあるような、孤独感を歌った綺麗な歌……と見せかけて、本当は若かりしころの牧水が失恋のショックで詠んだ歌なのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です